>

損をしないために特徴を知る

FXを読むためのチャート、ローソクとは

FXを取引するにおいて最もよく知られているのはローソク足チャートです。
株式投資においても知られていますが、日本の代表的なチャートであり現在では世界中で使われているようです。
このグラフは、始値、高値、安値、終値を値動きを示しています。
安く始まり(始値)高く終わる(終値)と帯が白く、高く始まり安く終わると黒くとなります。
それぞれ白は陽線、黒は陰線と呼ばれます。
また、帯の上から出ている線は、ヒゲと呼ばれ、上ヒゲや下ヒゲとも呼ばれ、それぞれ高値と安値を表しています。
それらを1日の値動きに表したものが「日足(ひあし)」、1週間の値動きを表したものが「週足(しゅうあし)」、1カ月の値動きを表したものが「月足(つきあし)」と呼ばれます。
ちなみに「分足」「年足」もあります。

ローソクの形状からわかること

チャートを読むには、難解な経済理論や金融理論が必要というわけではありません。
市場や相場における規則性や大きな(時に小さな)流れを読むためのものです。
例えば、先ほどのローソクの形状について言えば、上ヒゲが短ければ、さほど高くならなかったことを示します。
また、長ければ上昇はしたもののその後大きく下げたという意味になります。
逆に下ヒゲの場合は、短ければあまり安くなっていないことを示し、長ければ下がる事に対しての抵抗があると読み取ることができます。
例えば、一般的には高値圏に上ヒゲの長いローソクがあれば上昇の可能性が低いと予測ができますし、安値圏に下ヒゲの長いローソクがあれば上昇の可能性があると考えます。
もちろん、上記はあくまで一般的な話で必ずそうなるとは限りません。
日々そして分刻みで変化する為替の値動き、チャート読む能力は、やはり必須なのかもしれません。


この記事をシェアする