>

取引するための分析とは?

為替レートの動きを知るために

投資とは、市場の動きやこれからの動きを読み、さまざま情報を取捨選択し、見極めながら取引を行うことです。
FXにおいては、為替相場の動きを分析するために2つの情報が必要になります。
1つ目は、経済指標や金利などの経済情報、いわゆるファンダメンタルズです。
それら経済指標など使った分析をファンダメンタルズ分析と言います。
そして2つ目は、今回のテーマでもある為替レートのチャートから相場の動きを読むテクニカル分析です。
テクニカル分析には、さまざまな指標があり、市場動向を読むのに、また売買のタイミングを探るのに不可欠です。
知識が多ければいいというわけではありませんが、基本的な指標を知ることは投資に有利に働くことは言うまでもありません。
FXの投資家たちは、上の2つの情報を取り入れながら判断基準とし取引を行っています。

テクニカル分析は大きく分けて2種類

チャートを言葉で表現することは非常に難しいですが、ここではごく簡単な読み方ついてご紹介します。
ある一定の期間のチャートの中で売買の動向をみて、それが「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」というのを分析するのがオシレーター分析です。
つまり、買われ過ぎの状況の反動として売りに転じ下がる予測を、売られ過ぎの状況の反動として買いに変わり上がる予測を立てることです。
一方、もうひとつはトレンド系と呼ばれる分析です。
例えば、市場の動向から上がる傾向にあればそのトレンドに乗って買いという選択を、下がる傾向にあれば、その流れに乗って売るという方法です。
前者は短期的な予測に適し、後者は中長期的な予測に適しているとも言えます。
大きく分けると上の2つの分析方法がありますが、どちらにもメリットとデメリットがあることは言うまでもありません。


この記事をシェアする