>

複数の指標から読む

シグナルを探す

分析の方法もいくつかありますが、その分析から「いつが買いか」「いつが売りか」というのを見極めるのが最も難しいところです。
チャートからそうしたシグナルとなるような現象が必ずあります。
ある期間の為替レートで終値の平均値を結んだ線を移動平均線と呼びますが、その動きを知ることでトレンドを知ることができます。
ローソク足が移動平均線を下から上へ抜けた時が上昇するトレンドとみなし、また上から下へ抜けた時が下降するトレンドとみなします。
また、RSIと呼ばれるオシレーター系の分析指標もシグナルを探すのに有効です。
ローソクの下に表示される数値で、相場の上げ幅を0から100%で表示したものです。
70%以上の場合は「買われ過ぎ」を30%以下で「売られ過ぎ」を示します。
70%以上であれば相場が反転し売りのシグナルとなり、30%以下であれば買いのシグナルとなります。
もちろん、上記は多数あるシグナルの基本的な一例です。

そのシグナルは大きなチャンス?

売買のタイミングには、シグナルと呼ばれるような変わり目があることをお伝えしましたが、分析の仕方により大きなチャンスが隠れている可能性があります。
よく知られるシグナルのひとつは、短期と長期の期間の異なる移動平均線を重ねたときに現れるものです。
短期線が長期線を下から上に抜ける時に、相場が上昇傾向に転じることを示し、買いのシグナルと言われています。
取引においてはとても有名であり、ゴールデンクロスとも呼ばれています。
一方、売りのシグナルとなるのがデッドクロスと呼ばれるものです。
こちらもよく知られていて、短期線が長期線を上から下に抜ける時がそのシグナルです。
これらのゴールデンクロスやデッドクロスは、大きなシグナルとしてMACDなど他の指標にも存在し、売買のシグナルとして投資家たちの目安になっているようです。
テクニカル分析では見逃せないポイントです。


この記事をシェアする